この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

4点差を中盤に追いつきひっくり返した小松大谷、夢も膨らむベスト4進出



小松大谷・南彰栄君

 今夏は、4年ぶりの甲子園出場を果たした松商学園。この秋も長野県大会を制して1位校としての北信越大会進出となったが、今春も県大会で優勝しており、2021年は3大会すべてで長野県を制したことになる。夏のチームは攻守ともに、高いレベルでバランスが取れているという評価だったが、甲子園でも同じ北信越地区の高岡商に圧勝するなどしたが、3回戦で明徳義塾に惜敗。その悔しさをバネに、新チームがスタートして連続で北信越大会進出を果たした。1回戦で帝京長岡を下しての2回戦である。

 石川県大会2位の小松大谷は1回戦では啓新に序盤は苦しみながらも7回に大量4点を奪い突き放して進出してきた。小松大谷も夏の甲子園出場を果たしており夏春連続の甲子園出場を狙う。

 前日、夜半の雨の影響で、試合開始は予定より1時間遅れた。

 小松大谷の先発は、前日に続いて背番号8の左腕岩野君だ。その立ち上がりは、昨日に比べてやや制球が不安定だった。そこを松商学園打線が突いて四球と4番小野君の安打で二死一三塁となったところで、3ボール1ストライクから石田君が内側やや高めの球を力強く叩くと打球はそのまま左中間スタンドに飛び込む先制3ランとなった。地元の松商学園が幸先のいい形で先制した。

 松商学園のマウンドも前日完投した左腕栗原君の連投となったが、栗原君は立ち上がり、まずは無難に三者凡退に抑えた。

 2回にも松商学園は二死二塁に中前打で出た前田君を置いて、1番市川君が右越二塁打で帰してリードを広げた。こうして試合は序盤、松商学園の主導権で進んでいった。

 早い回に少しでも返したい小松大谷。3回に一死から9番北方君がチーム初安打を放つと、神谷君の風に助けられた二塁手後方にポトリと落ちる二塁打で二死二三塁とする。ここで3番北村君が左翼手頭上を越えていく二塁打で二人が帰って2点差。さらに、吉田君が繋ぐと、5番山川君も左中間二塁打で1点差とした。これで、試合は、どう転んでいくかわからなくなった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています